水素水の犬への効果

水素水の犬への効果を病気別に紹介します!

人よりも老化が早い犬や猫などのペットは、
10歳を過ぎたら老齢期に入り平均寿命は10〜16年位と言われています。

 

犬は6歳を過ぎた頃から高齢化になり、高齢化にともなう
「腎不全」「歯周病」「白内障」「糖尿病」のリスクが高まってきます。

 

これらの病気を水素水によって予防・改善できることが医学的な臨床試験により証明されています。

 

 

ここでは代表的な犬の3つの病気について紹介します。

 

1、犬の腎不全
2、犬の糖尿病
3、犬の歯周病

 

 


 

 

1、犬の腎不全

 

腎臓は、血液中の老廃物をろ過・除去して尿を作り、体内の水分調節をする機能を持っています。

 

慢性腎不全は、腎臓のろ過(血液をきれいにする)機能が衰えてしまう
高齢犬の抱える最も一般的な病気の一つです。
ろ過機能の衰えにより、血液中に尿毒素が溜まり、
腎臓の虚血を引き起こし、再環流障害によって重篤な症状へと進行していきます。

 

犬の腎不全に水素水を与えることで体内の水分量増加と水分の循環が良くなり、
腎臓の負担を軽減することができるため、腎不全の予防・改善につながります。
また、腎臓の虚血・再環流障害の発症抑制効果が医学的な臨床試験により判明しております。

 

 

2、犬の糖尿病

 

犬の糖尿病は、老齢化に伴う病気として起こりやすいです。

 

犬の糖尿病の場合、人間と違って免疫疾患によって引き起こされます。

 

この免疫疾患は、食生活やストレスによる酸化ストレス(活性酸素の蓄積)により
発症が促進されることが分かっており、糖尿病をはじめとする様々な病気の引き金となります。

 

犬の糖尿病に水素水を与えると免疫疾患の発症要因やインスリンの分泌障害を引き起こす
活性酸素(ヒドロキシラジカル)を除去することができ、糖尿病の予防や改善に繋がることが、
医学的な臨床試験により判明しております。

 

水素の一番の特徴である活性酸素の除去の効果が最大のポイントになります。

 

 

3、犬の歯周病

 

5歳以上の犬の約80%以上は歯周病になっています。
歯周病になると口臭だけでなく、食事をするときに痛みを伴ない、
さらには、細菌が血管から進入し心臓や腎臓などへ運ばれて感染症を引き起こすことにもなります。
犬の歯周病に水素水を飲ませることで、歯周病を悪化させる活性酸素が抑えられため、
歯周病の予防や治療に効果があることが、岡山大の森田学教授(予防歯科)らの研究で発表されています。

 

この歯周病を予防治療も水素のもつ活性酸素除去作用が働いています。

 

 


 

torasuto

 

>>トラストウォーター水素水の詳細はこちら!>>